企業情報

Wattway

Wattway

Wattway

革新的技術

Wattwayは、フランスの国立太陽エネルギー技術研究所である、フランス原子力・代替エネルギー庁・太陽エネルギー研究所(CEA-INES)と、道路建設部門の世界的リーダーであるColas社が5年間に及ぶ、道路建設と太陽光発電の技術を結合させた共同研究の末に誕生しました。

路面舗装型太陽電池モジュールWattwayは、通過する車の交通量や極端な気象条件という複合的なストレスのもとでも太陽光発電能力を維持します革新的技術です。Wattwayは、2015年10月開催のCOP21の会期中に報道発表された後も、フランスや日本、その他の国々を舞台に成長を続けています。

道路の新機能:クリーンかつ再生可能なエネルギー をその場で創出

道路は平均して全体の90%の時間は、何も通行せず空いている状態で、空を眺めているのです

グループの強み

Wattwayは、交通インフラの建設・保守部門の世界的リーダーであるコラスグループが進める事業です。コラスは1929年の創業以来、モビリティ・都市化・環境の課題解決に挑む革新的なグループとして、名を馳せてきました。当社は、企業理念として、モビリティの信頼性向上を目指す交通インフラソリューションの開発・促進・実現を掲げています。また、その革新力は、顧客ニーズ・新しい用途・デジタル化ならびにエネルギー変革を中心に据えて、製品・技術・関連サービスを開発し、交通インフラソリューションとして提供することで支えられているのです。

コラスは、1952年にフランシス・ブイグによって創業されたブイググループに属しています。強い企業文化を軸に組織化された同グループが展開する多角的事業は、次の3分野に集約されます。1)「建設部門」:ブイグ・コンストラクション(建築・土木、エネルギー&サービス)、ブイグ・イモビリエ(不動産開発)、コラス(道路)、2)「通信」:ブイグ・テレコム、3)「メディア」:テー・エフ・アン(TF1)。

日本では、ブイグ・コンストラクションが子会社Bouygues Energies & Services Japanを通じて、太陽光発電所に特化したEPC事業を展開しています。また、同じブイググループでは、ブイグ・アジア株式会社が東京を拠点に、イノベーション事業に取り組んでいます。同社は、アジア圏で、ブイググループの様々な事業を戦略的なテーマに沿って展開しています。